« 「PCは遅い!」、ユーザーの6割がストレス | トップページ | 丸山弁護士、自民から出馬へ=参院選 »

<産科婦人科学会>子宮に移植する受精卵、2個以下に制限へ

 日本産科婦人科学会(吉村泰典理事長)は16日の常任理事会で、体外受精後に子宮に移植する受精卵の数を、2個以下に制限する方針を決めた。流産や早産につながる多胎妊娠を防ぐためで、年内に最終決定し、会告(学会規則)を改定する。
 同学会は96年に定めた会告で、子宮に戻す受精卵を「原則3個以内」としている。だが、最近の研究では、2個まで減らしても3~6個の場合と妊娠率に大きな差はないという。母親となる患者の年齢が若い場合は1個とすることも検討する。
 不妊治療の専門医で作る日本生殖医学会は今年3月、患者の年齢によって、子宮に移植する受精卵を最小1個まで制限する指針を決めている。【関東晋慈】 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070616-00000085-mai-soci

[オーネット無料結婚チャンステスト]

« 「PCは遅い!」、ユーザーの6割がストレス | トップページ | 丸山弁護士、自民から出馬へ=参院選 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <産科婦人科学会>子宮に移植する受精卵、2個以下に制限へ:

« 「PCは遅い!」、ユーザーの6割がストレス | トップページ | 丸山弁護士、自民から出馬へ=参院選 »

無料ブログはココログ